20130923 福島原発事故の米国への影響

2013年9月23日に行った講演会「福島原発事故の米国への影響」の映像です。

トーガン・ジョンソン氏

YouTube Preview Image

グレゴリー・ヤツコ氏

YouTube Preview Image

 

イベント詳細

福島原発事故を受けて米国の原子力安全向上にひときわ尽力されたグレゴリー・ヤツコ氏は、残念ながらNRC (米国原子力規制委員会) を去らざるを得なくなりました。彼の眼には福島原発事故はどう映ったのでしょうか? また、日本の原子力規制委員会はNRCを一つのモデルと考えているようですが、原子力規制のあり方についてヤツコ氏の考えをお聞きします。

また、13年6月にカリフォルニアのサンオノフレ原発の廃止を事業者が決定しました。この廃止を求める運動を進めたのがトーガン・ションソンさんです。カリフォルニアでの運動がなぜ成功したのかをジョンソンさんに話していただきます。

サンオノフレ原発では三菱重工製の蒸気発生器が欠陥とされ、事業者は三菱を相手に損害賠償裁判を起こしていますが、この行方についても伺います。

日時:2013/9/23(月・祝) 午後1時30分~4時30分(午後1時15分開場)

講師:グレゴリー・ヤツコ氏(物理学者、元NRC委員長)

    トーガン・ジョンソン氏(カリフォルニア州・ソラナビーチ在住。住宅/都市計画建築家。サンディエゴ フォーラムの市民側の代表)

会場:連合会館(旧 総評会館) 2階 大会議室 (東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

資料代:2,000円(予約不要・通訳あり)

主催:特定非営利活動法人 原子力資料情報室 

〒162-0065 東京都新宿区住吉町8番5号 曙橋コーポ2階B

TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801 [Email] cnic@nifty.com

共催:原水爆禁止日本国民会議原子力市民委員会