投稿日時 2011/3/26 15:45:10 | トピック: 

福島原発に関する緊急記者会見(第8回)のお知らせ

2011年3月26日
原子力資料情報室

― 福島第1原発事故:冷却剤喪失事故発生の可能性 ―

 福島第1原発の1〜3号機では、原子炉の危機的な状況が継続しています。東京電力公表の事故の初期データの解析から、第一原発1号機で大口径配管の破断事故発生の可能性のあることが明らかになりました。東京電力は非常に不十分なデータしか公表しておりませんが、分析結果を公表いたします。

日 時:2011年3月26日(土)19:00〜

場 所:原子力資料情報室
     http://cnic.jp/map.html

出 席:上澤千尋(原子力資料情報室・原子炉安全問題担当)
    田中三彦(サイエンスライター)
    後藤政志(元原子炉格納容器設計技師)
    *英語の逐次通訳付

* カメラ撮影をご希望の方は、設置できる台数に限りがありますので、下記連絡先にご連絡お願いいたします。

* CNIC-Ustream中継を実施いたしますので、会場が狭いことをご了承ください。
  http://www.ustream.tv/channel/cnic-news

*CNIC公式Twitter: @CNICJapan

問い合わせ連絡先
************************************************************
原子力資料情報室
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL:03-3357-3800  FAX:03-3357-3801
***********************************************************



原子力資料情報室からのメッセージ(3)、クリックで本文へ

→日本政府への申し入れ(2011/3/18)はこちら
→原子力資料情報室からのメッセージ(2)(2011/3/18)はこちら
→原子力資料情報室からのメッセージ(1)(2011/3/15)はこちら


原子力資料情報室(東京都新宿区)での放射線の測定結果
 → 被ばくを避けるために
 → 放射線被曝を考える




にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.cnic.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.cnic.jp/article.php?storyid=1055