ホーム   最新ニュース   参加・支援する(会員制度)   問合せ・会員申込など   なぜ「脱原発」か  
英語版(ENGLISH)








原子力に関する基本的な用語の意味は?
原子力キーワードガイド
原子力キーワードガイド
1.核分裂のしくみ/2.原子力発電所の種類/3.原子力発電所の主な機器/4.核燃料サイクル/5.放射性廃棄物/6.事故/7.放射能、放射線・被曝/8.行政組織と法律/9.建設手続き/10.電気事業・電気料金


“CNIC EXPRESS” 原子力の現状を伝えるニュースや新刊の書籍、イベント案内など独自の情報が詰まっています。
★ご注意★
メールマガジンをご登録されますと配信サービスを取り扱う『(株)まぐまぐ』からのメールマガジンも自動登録されます。 申し訳ございませんが規約により当室のメルマガのみに登録することは現在可能ではありません。

当室ホームページに掲載した記事、『原子力資料情報室通信』からの記事をピックアップしてメールマガジンを発行しております。
まぐまぐ



 : 
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2008/8/25 14:55:41 (12685 ヒット)

『原発震災―止めるのはわたしたち 〜つぎつぎと暴かれる、国・電力会社のウソ〜』

原発震災−止めるのはわたしたち

反原発運動全国連絡会 編
A5版 77ページ
頒価 500円(送料別)
2008年8月発行

中越沖地震では、全世界に炎と黒煙をあげる原発の写真が報道され、誰しもが「原発震災」を実感しました。いま、地震列島の日本に17か所の原子力発電所と再処理工場が存在します。これまで隠されてきた原発敷地、あるいはその周辺域の活断層がつぎつぎと明らかになってきました。原発震災を防ぐのはわたしたち市民一人ひとりの力です。このパンフレットが多くの人の目にとまり、原発震災を防ぐ一助となることを願っています。
<「はじめに」より抜粋>

はんげんぱつ新聞ホームページへ

◎原子力資料情報室でも取扱っておりますのでご注文いただけます

原子力資料情報室
TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801
cnic[アットマーク]nifty.com

ご注文の冊数・送付先を明記ください。

↓『CNICの本屋さん』もご利用ください



【もくじ】

はじめに  武本和幸

第一部 地震問題の基礎知識
Q1 地震はなぜ起きるのか
Q2 活断層とはなにか
Q3 アスペリティとは
Q4 地震の揺れについて
Q5 耐震設計審査指針とは
Q6 震源を特定する地震動の評価方法
Q7 「震源を特定せず策定する地震動」とは
Q8 残余のリスクとは
Q9 原子炉を設置する地盤はいかにあるべきか
Q10 地震随伴事象とは
Q11 バックチェック中間評価結果
Q12 変動地形学に基づく活断層調査とは
Q13 活断層の上に立つ原発

第二部 中越沖地震とその被害
中越沖地震の概要と計測された地震動
柏崎刈羽原子力発電所の概要
止める、冷やす、閉じこめる
原発が受けた被害は?
基準地震動Ssを超えた意味
柏崎刈羽の地震・地盤論争
地盤の隆起・沈降の意味
隠されていた海底活断層
ハギトリ波解析結果
6・16通知

第三部 原発震災―止めるのはわたしたち
過小評価を繰り返した女川原発の地震想定
志賀原発2号機差し止め訴訟・控訴審の報告
中国電力の活断層隠し、過小評価を暴く
もんじゅのバックチェックはやり直しが当然
下北半島の原発・核燃料施設
浜岡からの報告

印刷用ページ このニュースを友達に送る





原子力市民年鑑2011-12




まるで原発などないかのように


ほんとにだいじょうぶ?身近な放射線


破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言


エネルギーと環境の話をしよう


申し込み・資料請求メールフォームへ
会員の方には、『原子力資料情報室通信』などをお送りいたします。会員制度についてはこちらをご参照ください。


政府や原子力産業から独立した立場を維持するため、活動資金は主に会費とカンパでまかなっています。ご協力をお願いします。
【カンパ送り先】
郵便振替00140-3-63145
原子力資料情報室


放射能ミニ知識web版






NEW OPEN★



Powered by XOOPS 2.0 © The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET