ホーム   最新ニュース   参加・支援する(会員制度)   問合せ・会員申込など   なぜ「脱原発」か  
英語版(ENGLISH)








原子力に関する基本的な用語の意味は?
原子力キーワードガイド
原子力キーワードガイド
1.核分裂のしくみ/2.原子力発電所の種類/3.原子力発電所の主な機器/4.核燃料サイクル/5.放射性廃棄物/6.事故/7.放射能、放射線・被曝/8.行政組織と法律/9.建設手続き/10.電気事業・電気料金


“CNIC EXPRESS” 原子力の現状を伝えるニュースや新刊の書籍、イベント案内など独自の情報が詰まっています。
★ご注意★
メールマガジンをご登録されますと配信サービスを取り扱う『(株)まぐまぐ』からのメールマガジンも自動登録されます。 申し訳ございませんが規約により当室のメルマガのみに登録することは現在可能ではありません。

当室ホームページに掲載した記事、『原子力資料情報室通信』からの記事をピックアップしてメールマガジンを発行しております。
まぐまぐ



 : 
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2007/10/11 15:21:48 (2472 ヒット)

要望書「原子力依存から脱却し、抜本的な地球温暖化対策を早急に実施するよう求めます。」への団体賛同ご協力を、お願いいたします!

日本政府は「地球温暖化対策に貢献する」として、原子力推進策を、これまで以上に強化しています。しかし原子力の拡大は、気候変動抑止に役立たないどころか、本来、温暖化対策の主柱となるべき自然エネルギーや省エネ技術の開発と導入を妨げます。

日本政府とその外郭団体は、10月26日の「原子力の日」にあわせ、例年どおり、大がかりな原子力キャンペーンを展開するでしょう。ちなみに昨年は、英国の地球学者ジェームス・ラブロック氏を迎えてシンポジウムを開催し、さらにその講演録という体裁をとって、氏の顔写真入り全面広告を主要新聞に掲載しました。

この11月には、国連気候変動政府間パネル(IPCC)が、次の報告書を発表することになっています。このなかに原子力が温暖化対策として盛り込まれるかどうかが、争点のひとつです。

これらを見据え、冒頭の要望書を日本政府に宛てて提出したいと思います。ご協力をお願いいたします。

「要望書」と参考資料、そして賛同の送付方法については、以下をご覧ください。
https://www.greenpeace.or.jp/ssl/nuclear/nuke_cc_sando/

賛同いただける場合、上記URLにある送信フォームに、必要事項をご記入のうえ、グリーンピース・ジャパンまで送ってください。今回の賛同は団体のみとさせて頂きます。また、受付けはインターネットのみにさせて頂きます。郵送、Eメール等での受付は行いませんのでご了承ください。

第一次集約締め切り:2007年10月25日午後4時 (厳守)
*第二次集約は、来春を予定しています。詳細は、また、ご連絡いたします。

なお日本政府による、ラブロック氏の著書や発言を引用した一連の広報活動については、氏に宛て、2007年4月26日、公開質問状を送りました。質問状の内容については、以下をご参照ください。
 http://www.greenpeace.or.jp/campaign/climate/lovelock/index_html

印刷用ページ このニュースを友達に送る





原子力市民年鑑2011-12




まるで原発などないかのように


ほんとにだいじょうぶ?身近な放射線


破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言


エネルギーと環境の話をしよう


申し込み・資料請求メールフォームへ
会員の方には、『原子力資料情報室通信』などをお送りいたします。会員制度についてはこちらをご参照ください。


政府や原子力産業から独立した立場を維持するため、活動資金は主に会費とカンパでまかなっています。ご協力をお願いします。
【カンパ送り先】
郵便振替00140-3-63145
原子力資料情報室


放射能ミニ知識web版






NEW OPEN★



Powered by XOOPS 2.0 © The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET