ホーム   最新ニュース   参加・支援する(会員制度)   問合せ・会員申込など   なぜ「脱原発」か  
英語版(ENGLISH)








原子力に関する基本的な用語の意味は?
原子力キーワードガイド
原子力キーワードガイド
1.核分裂のしくみ/2.原子力発電所の種類/3.原子力発電所の主な機器/4.核燃料サイクル/5.放射性廃棄物/6.事故/7.放射能、放射線・被曝/8.行政組織と法律/9.建設手続き/10.電気事業・電気料金


“CNIC EXPRESS” 原子力の現状を伝えるニュースや新刊の書籍、イベント案内など独自の情報が詰まっています。
★ご注意★
メールマガジンをご登録されますと配信サービスを取り扱う『(株)まぐまぐ』からのメールマガジンも自動登録されます。 申し訳ございませんが規約により当室のメルマガのみに登録することは現在可能ではありません。

当室ホームページに掲載した記事、『原子力資料情報室通信』からの記事をピックアップしてメールマガジンを発行しております。
まぐまぐ



 : 
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2007/3/26 1:52:14 (6666 ヒット)

能登半島沖地震:志賀原発
原子炉自動停止の設定値を超える揺れ/使用済み燃料貯蔵プールから冷却水あふれ出す

2007年3月25日午前9時42分ごろ,能登半島沖(北緯37度13.2分,東経136度41.1分)で発生したマグニチュード(Mj)6.9,震源深さ11キロメートルの地震で,志賀原発から12キロメートル(※4月1日訂正)の地点にある防災科学技術研究所K-NETの富来観測点の地表では最大加速度945.6ガルを観測した.

志賀原発は震央から約18キロメートル(※3月29日訂正)のところにある.志賀1号炉の原子炉建屋地下2階にある地震計では226ガルを観測した,と報じられている.この値は,志賀1号炉の原子炉自動停止の設定値を超えている.警報のありなし,安全系の動作のありなしなどについて,北陸電力は発表していない.

北陸電力は,発電所の建屋内を点検中に,1号炉の原子炉建屋4階で,使用済み燃料貯蔵プールの冷却水がプールの周囲にあふれ出しているのを発見したことをあきらかにした.あふれ出た量は,約45リットルで,その水に含まれている放射能は約750万ベクレルである,と評価している.


■志賀原発の耐震設計に関するデータ

志賀原発の設計用地震動の最大加速度は1・2号炉とも
S1が375Gal,S2が490Galです.

原子炉自動停止の設定値は下記の通りです(志賀原発の保安規定より.単位:Gal).
志賀1 水平190(B2階,-1.6m),鉛直165(B2階,-1.6m),水平505(3階,28.3m)
志賀2 水平185(B2階,0.8m),鉛直165(B2階,0.8m),水平505(4階,32.5m)
(※2号炉の水平設定値が間違っていました.3月29日訂正.)

■関連する情報へのリンク

●気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

●防災科学研究所の強震ネットワークK-NET
(2007/03/25) 能登半島沖の地震の強震動
http://www.kyoshin.bosai.go.jp/k-net/topics/Noto_070325_1.htm

●朝日新聞
北陸電の想定マグニチュード上回る 能登半島沖地震
http://www.asahi.com/special/070325/OSK200703250204.html

●北陸電力
志賀原子力発電所1号機 使用済燃料貯蔵プールからの水飛散について
http://www.rikuden.co.jp/press/attach/070325001.pdf

停電状況および設備被害状況について(3月25日22時00分現在)
http://www.rikuden.co.jp/press/attach/07032512.pdf



■4月1日追加
北陸電力は,志賀1号炉で観測された本震の地震データを喪失したと発表した.地震計のメモリーカードの容量が足りず,余震の記録が上書きされたと説明している.
「平成19年能登半島地震に係る志賀原子力発電所の地震動の評価について」
http://www.rikuden.co.jp/press/attach/07032702.pdf

また,志賀原発で観測された地震の揺れの大きさについては,つぎのように説明している.1号炉の地下2階の値は計測震度4.8で,加速度は239ガル(当初の226ガルを補正).2号炉の地下2階の値は,加速度が264ガル.


印刷用ページ このニュースを友達に送る





原子力市民年鑑2011-12




まるで原発などないかのように


ほんとにだいじょうぶ?身近な放射線


破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言


エネルギーと環境の話をしよう


申し込み・資料請求メールフォームへ
会員の方には、『原子力資料情報室通信』などをお送りいたします。会員制度についてはこちらをご参照ください。


政府や原子力産業から独立した立場を維持するため、活動資金は主に会費とカンパでまかなっています。ご協力をお願いします。
【カンパ送り先】
郵便振替00140-3-63145
原子力資料情報室


放射能ミニ知識web版






NEW OPEN★



Powered by XOOPS 2.0 © The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET