ホーム   最新ニュース   参加・支援する(会員制度)   問合せ・会員申込など   なぜ「脱原発」か  
英語版(ENGLISH)








原子力に関する基本的な用語の意味は?
原子力キーワードガイド
原子力キーワードガイド
1.核分裂のしくみ/2.原子力発電所の種類/3.原子力発電所の主な機器/4.核燃料サイクル/5.放射性廃棄物/6.事故/7.放射能、放射線・被曝/8.行政組織と法律/9.建設手続き/10.電気事業・電気料金


“CNIC EXPRESS” 原子力の現状を伝えるニュースや新刊の書籍、イベント案内など独自の情報が詰まっています。
★ご注意★
メールマガジンをご登録されますと配信サービスを取り扱う『(株)まぐまぐ』からのメールマガジンも自動登録されます。 申し訳ございませんが規約により当室のメルマガのみに登録することは現在可能ではありません。

当室ホームページに掲載した記事、『原子力資料情報室通信』からの記事をピックアップしてメールマガジンを発行しております。
まぐまぐ



 : 
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2005/12/22 11:59:02 (2889 ヒット)

日本の放射線従事者に関する疫学調査のありかた


 この6月、国際がん研究機関が発表した「低線量電離放射線による発がんリスク:15ヵ国の原子力施設労働者の調査」は、放射線作業者を対象に被曝線量とがんリスクとの関係を統計的に解析したもので、100ミリシーベルト被曝した場合、がんによる死亡率が約10%増加するというものだった。同時期に発表された米国科学アカデミーの電離放射線の生物学的影響に関する第7報告とともに、線量限度内の低線量被曝でもがん発症の可能性があると警鐘を鳴らした(本誌378号)。

 15ヵ国調査に日本のデータを提供した(財)放射線影響協会の巽紘一・放射線疫学調査センター長は、読売新聞に「今回の結果は、たばこの影響などが十分に考慮されていない上、一部の国のデータに引きずられて、リスクが誇張された可能性がある」とコメントしている。

 日本では1990年度から放射線影響協会が、文部科学省(旧科学技術庁)からの委託を受け「原子力発電施設等放射線業務従事者等に係る疫学調査」を実施している。日本人男性全体との死亡率の比較や被曝線量と死亡率との関連などを調べ、第鬼調査(1990〜94年度、95年3月発表)第挟(1995〜1999年度、2000年12月発表)の報告書が出ている。

 第挟調査では、日本人の主要ながんである食道がん、胃がん、直腸がんの死亡率が累積線量とともに増加する有意な傾向を示した(本誌323号参照)。しかし、報告書では「低線量域の放射線が、がん死亡率に影響を及ぼしているとの明確な証拠は得られなかった」としている。

 一方、Radiation Research 159(2003)に掲載された岩崎民子(元放射線疫学調査センター長)らによる英文のレポート(1986〜97年の解析)では、「食道・胃・直腸がんと多発性骨髄腫では正の相関関係があった」と報告している。

 解析方法で評価は変わってくるが、とくに調査期間が短いデータを解析する場合、安易にこれから現れるがん死などの可能性を切り捨てるような結論を出してしまってはならない。先に紹介したコメントのように、有意な傾向性に対してすぐに交絡因子の可能性を強調するのでは、疫学調査する意味がない。日本の場合、初めから調査計画に組み込まれるべき交絡因子を、別の横断的調査にしてしまっていることも問題である。第挟調査からは、喫煙などの交絡因子が解析結果を左右するほどの影響は読み取れない。

 もうひとつ大きな問題は、日本国籍を持たない人(第鬼調査では約2500人、挟では数の記載なし)、住所情報や住民票が得られなかった人らが調査対象から除かれてしまっていることだ。日本の原子力事業の特徴として、何重もの下請け構造があり、総被曝線量の96%は下請け労働者で占められている。高線量被曝をしている可能性のある外国人や住民票のない人らを追跡調査する必要がある。私たちは厚生労働省に対し、離職した放射線作業者に健康管理手帳を交付することを求めている。離職後の作業者の健康診断などとリンクさせた積極的な調査が必要だ。

 また死亡率だけではなく罹患率調査も開始しなくてはならない。労働者の健康を守るという視点なしには、精度のよい疫学調査も実現しない。(渡辺美紀子)


『原子力資料情報室通信』378号(2005.12.1)
情報は執筆時点のものです

※『原子力資料情報室通信』(月刊)は会員の皆様にお送りしております。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

原子力資料情報室は脱原発のため活動する独立の調査研究NGOです。
賛助会費は年間6000円。正会費は年間10000円。
月刊『原子力資料情報室通信』などをお送りします。

このWEBサイト http://cnic.jp/ をふくむ当室の活動は、会員の方々の会費および寄付によって支えられています。

データ集『原子力市民年鑑』(七つ森書館)もご活用ください。
無料メールマガジンも発行しています。“CNIC EXPRESS”http://www.mag2.com/m/0000066670.html

印刷用ページ このニュースを友達に送る





原子力市民年鑑2011-12




まるで原発などないかのように


ほんとにだいじょうぶ?身近な放射線


破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言


エネルギーと環境の話をしよう


申し込み・資料請求メールフォームへ
会員の方には、『原子力資料情報室通信』などをお送りいたします。会員制度についてはこちらをご参照ください。


政府や原子力産業から独立した立場を維持するため、活動資金は主に会費とカンパでまかなっています。ご協力をお願いします。
【カンパ送り先】
郵便振替00140-3-63145
原子力資料情報室


放射能ミニ知識web版






NEW OPEN★



Powered by XOOPS 2.0 © The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET