ホーム   最新ニュース   参加・支援する(会員制度)   問合せ・会員申込など   なぜ「脱原発」か  
英語版(ENGLISH)








原子力に関する基本的な用語の意味は?
原子力キーワードガイド
原子力キーワードガイド
1.核分裂のしくみ/2.原子力発電所の種類/3.原子力発電所の主な機器/4.核燃料サイクル/5.放射性廃棄物/6.事故/7.放射能、放射線・被曝/8.行政組織と法律/9.建設手続き/10.電気事業・電気料金


“CNIC EXPRESS” 原子力の現状を伝えるニュースや新刊の書籍、イベント案内など独自の情報が詰まっています。
★ご注意★
メールマガジンをご登録されますと配信サービスを取り扱う『(株)まぐまぐ』からのメールマガジンも自動登録されます。 申し訳ございませんが規約により当室のメルマガのみに登録することは現在可能ではありません。

当室ホームページに掲載した記事、『原子力資料情報室通信』からの記事をピックアップしてメールマガジンを発行しております。
まぐまぐ



 : 
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2005/6/13 16:01:29 (17290 ヒット)

原子力発電の経済性に関する考察

勝田忠広、鈴木利治

公益事業学会第55回全国大会(2005年6月12日)用配布資料

資料1:予稿
資料2:レポート
資料3:プレゼン資料


目的

 原子力発電に関して、経済性は非常に重要な意味を持っている。他電源と比較して設備投資が大きく、また核燃料サイクルという複雑で巨大な燃料システムを持つ原子力発電は、その経済優位性を持って存在意義が示されてきた。

 例えば、総合エネルギー調査会(現・総合資源エネルギー調査会)原子力部会第70回の報告『原子力発電の経済性について』(1999年12月)によれば、原子力発電は5.9円/kWhであり、LNG火力の6.4円/kWhに対してその経済性が示されている。また総合資源エネルギー調査会電気事業分科会コスト等検討小委員会第8回の報告『モデル試算による各電源の発電コスト比較』(2003年12月)によれば、原子力発電は5.3円/kWhに下がり、LNG火力の5.7円/kWhと比較して他電源と比較して経済性に遜色ないと示されている。

 このような政府の試算については、大きく二つの問題が存在している。一つは客観的な評価が本当に行われているのか不明なことであり、もう一つは、総括原価方式が無くなる一方で電力自由化の範囲拡大が行われるという状況変化に対して、どれだけ即応能力を持っているのかという評価が行われていないことである。

 本論文では、これらの二つの問題について検証を行い、原子力発電の経済性について問題提起を行う。まず発電コスト試算を独自に行い、従来の政府試算との比較を行う。続いて、政府試算で議論されていない「電力自由化」の中での原子力発電の他電源との比較を行う。最後に、以上の経済性に関する検証結果から原子力発電の問題点を明らかにし、原子力発電をどのように位置付けるべきかを提示する。

印刷用ページ このニュースを友達に送る





原子力市民年鑑2011-12




まるで原発などないかのように


ほんとにだいじょうぶ?身近な放射線


破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言


エネルギーと環境の話をしよう


申し込み・資料請求メールフォームへ
会員の方には、『原子力資料情報室通信』などをお送りいたします。会員制度についてはこちらをご参照ください。


政府や原子力産業から独立した立場を維持するため、活動資金は主に会費とカンパでまかなっています。ご協力をお願いします。
【カンパ送り先】
郵便振替00140-3-63145
原子力資料情報室


放射能ミニ知識web版






NEW OPEN★



Powered by XOOPS 2.0 © The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET