ホーム   最新ニュース   参加・支援する(会員制度)   問合せ・会員申込など   なぜ「脱原発」か  
英語版(ENGLISH)








原子力に関する基本的な用語の意味は?
原子力キーワードガイド
原子力キーワードガイド
1.核分裂のしくみ/2.原子力発電所の種類/3.原子力発電所の主な機器/4.核燃料サイクル/5.放射性廃棄物/6.事故/7.放射能、放射線・被曝/8.行政組織と法律/9.建設手続き/10.電気事業・電気料金


“CNIC EXPRESS” 原子力の現状を伝えるニュースや新刊の書籍、イベント案内など独自の情報が詰まっています。
★ご注意★
メールマガジンをご登録されますと配信サービスを取り扱う『(株)まぐまぐ』からのメールマガジンも自動登録されます。 申し訳ございませんが規約により当室のメルマガのみに登録することは現在可能ではありません。

当室ホームページに掲載した記事、『原子力資料情報室通信』からの記事をピックアップしてメールマガジンを発行しております。
まぐまぐ



 : 
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2006/6/4 16:44:00 (3737 ヒット)

『原子力資料情報室通信』384号(2006.6.1)目次

□原発は温暖化防止に役立つのか
 ……鮎川ゆりか(WWFジャパン)

□被曝の危険性の説明なかった
−福島第一原発訴訟で長尾さんが証言
 ……氏家義博(長尾訴訟弁護団・弁護士)

□原発の新しい耐震指針案
 ―どう考える?
 ……山口幸夫(共同代表)
http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=380

□六ヶ所再処理工場の洗浄水漏えい事故を軽くみてよいのか
 ……古川路明(理事)

□短信

□資料紹介


※訂正:
『原子力資料情報室通信』384号記事「原発の新しい耐震指針案」中、耐震指針検討分科会第43回会合配布資料から「基準地震動Ssの策定に関する概要フロー」(震分第43-4号13頁)を掲載しましたが、この概要フローは同第43回会合にて撤回されています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
原子力資料情報室は脱原発のため活動する独立の調査研究NGOです。
賛助会費は年間6000円。正会費は年間10000円。
月刊『原子力資料情報室通信』などをお送りします。

データ集『原子力市民年鑑』(七つ森書館)もご活用ください。
無料メールマガジンも発行しています。“CNIC EXPRESS”http://www.mag2.com/m/0000066670.html

このWEBサイト http://cnic.jp/ をふくむ当室の活動は、会員の方々の会費および寄付によって支えられています。

印刷用ページ このニュースを友達に送る





原子力市民年鑑2011-12




まるで原発などないかのように


ほんとにだいじょうぶ?身近な放射線


破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言


エネルギーと環境の話をしよう


申し込み・資料請求メールフォームへ
会員の方には、『原子力資料情報室通信』などをお送りいたします。会員制度についてはこちらをご参照ください。


政府や原子力産業から独立した立場を維持するため、活動資金は主に会費とカンパでまかなっています。ご協力をお願いします。
【カンパ送り先】
郵便振替00140-3-63145
原子力資料情報室


放射能ミニ知識web版






NEW OPEN★



Powered by XOOPS 2.0 © The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET