ホーム   最新ニュース   参加・支援する(会員制度)   問合せ・会員申込など   なぜ「脱原発」か  
英語版(ENGLISH)








原子力に関する基本的な用語の意味は?
原子力キーワードガイド
原子力キーワードガイド
1.核分裂のしくみ/2.原子力発電所の種類/3.原子力発電所の主な機器/4.核燃料サイクル/5.放射性廃棄物/6.事故/7.放射能、放射線・被曝/8.行政組織と法律/9.建設手続き/10.電気事業・電気料金


“CNIC EXPRESS” 原子力の現状を伝えるニュースや新刊の書籍、イベント案内など独自の情報が詰まっています。
★ご注意★
メールマガジンをご登録されますと配信サービスを取り扱う『(株)まぐまぐ』からのメールマガジンも自動登録されます。 申し訳ございませんが規約により当室のメルマガのみに登録することは現在可能ではありません。

当室ホームページに掲載した記事、『原子力資料情報室通信』からの記事をピックアップしてメールマガジンを発行しております。
まぐまぐ



 : 
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2012/7/18 12:35:32 (6860 ヒット)

ご報告


パブリックコメントの募集は8月12日で終了いたしました。

○パブリックコメント

当室がブース参加したイベント(NO NUKES 2012, FUJIROCK'12, The Maskz, FUCK NUKES! Let's Dance♪など)で記載いただいたものや郵送いただいたものなどの集計です。

原発ゼロ 302(5)   括弧内は情報室に届いたFAX
15%     8
25%     1
不明      2

合計    318


○シールアンケート

FUJIROCK'12のNGOビレッジで行ったシールアンケートでは、約93%の方が原発ゼロを選択しました。

原発ゼロ 207
15%    13
25%     3

合計    223


ご協力いただいた方々、どうもありがとうございました。



将来原発をどうしたいか、という国民からの声を政府が募集しています。



デモや集会に参加することで脱原発を社会に訴える方法があります。
現実は、原発がどうなっていくのか、それは政治の場で決まります。
ならばそこに、ひと槍刺さなくては―

将来原発をどうしたいか、という国民からの声を政府が募集しています。
原発ゼロがいいか、15%くらいのこしてほしいか、25%くらいまで今と変わらずに存在していてほしいか…

再稼働をせず今すぐ原発をなくしたい人も、徐々に他のエネルギーにシフトしていきたい人も、将来は原発ゼロを望むのだと、まずはここで政府に意見を出さなければなりません。
たくさんの国民が、原発のない社会がいいという意見を提出しなければ、原発は存在し続けてしまうでしょう…

ぜひぜひ、「エネルギー・環境に関する選択肢」という政府が募集しているパブリックコメントに、みなさんの意見を送ってください!!!

募集期間が8月12日(日)までに延長されました。
どうぞよろしくお願いいたします!


原子力資料情報室 共同代表 伴 英幸からひとこと


経済産業大臣が設置した基本問題委員会の委員として、原発ゼロの選択肢がきちんと入るように努力してきました。
この点では、成功したのですが、省エネルギーや再生可能エネルギーなど導入量をもっと増やすことができそうな点
では、不十分な結果に終わりました。その分、パブリックコメントにご意見を書いていただきたいと思っています。
また、原子力委員会が設置した原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会の委員として、核燃料サイクル政
策からの撤退を訴えてきました。その結果、選択肢にこれを意味する全量直接処分が入りました。エネルギー・環境
会議の文章上は選択肢でないかのような表現になっていますが、国民の意見を求めていることを確認しています。
この点もどうぞ意見を寄せてください。




詳細はこちら
書き方例はこちらをご参照ください。


資料の入手先: http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120629/20120629_1.pdf
エネルギー・環境会議 選択肢の特設ページ: http://www.sentakushi.go.jp/
パブリックコメントはこちら: http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf

印刷用ページ このニュースを友達に送る





原子力市民年鑑2011-12




まるで原発などないかのように


ほんとにだいじょうぶ?身近な放射線


破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言


エネルギーと環境の話をしよう


申し込み・資料請求メールフォームへ
会員の方には、『原子力資料情報室通信』などをお送りいたします。会員制度についてはこちらをご参照ください。


政府や原子力産業から独立した立場を維持するため、活動資金は主に会費とカンパでまかなっています。ご協力をお願いします。
【カンパ送り先】
郵便振替00140-3-63145
原子力資料情報室


放射能ミニ知識web版






NEW OPEN★



Powered by XOOPS 2.0 © The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET