ホーム   最新ニュース   参加・支援する(会員制度)   問合せ・会員申込など   なぜ「脱原発」か  
英語版(ENGLISH)








原子力に関する基本的な用語の意味は?
原子力キーワードガイド
原子力キーワードガイド
1.核分裂のしくみ/2.原子力発電所の種類/3.原子力発電所の主な機器/4.核燃料サイクル/5.放射性廃棄物/6.事故/7.放射能、放射線・被曝/8.行政組織と法律/9.建設手続き/10.電気事業・電気料金


“CNIC EXPRESS” 原子力の現状を伝えるニュースや新刊の書籍、イベント案内など独自の情報が詰まっています。
★ご注意★
メールマガジンをご登録されますと配信サービスを取り扱う『(株)まぐまぐ』からのメールマガジンも自動登録されます。 申し訳ございませんが規約により当室のメルマガのみに登録することは現在可能ではありません。

当室ホームページに掲載した記事、『原子力資料情報室通信』からの記事をピックアップしてメールマガジンを発行しております。
まぐまぐ



 : 
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2012/6/1 11:27:13 (1839 ヒット)

『原子力資料情報室通信』第456号(2012/6/1)より

視点:福島に戻る?戻れない?

 さる4月16日、南相馬市の一部の避難区域が解除準備区域とされた(年間20ミリシーベルト以下)。南相馬市には、警戒区域と計画的避難区域とが設定されていた。事故から1年余をへて、一種の政治判断がされたわけである。

 だが、懐かしの故郷に還りたい気持はあっても二の足を踏む人たちは多い。心配している人たちの声に耳を傾けてみると――

 東電福島第一原発事故以前の暮らし、そこまでいかなくともそれに近い暮らし、ができるのか。ほんとうに空間線量が年間20ミリシーベルトを超えないことが達成できるのか。そもそも、1ミリシーベルトだって判断基準として妥当なのか。近くの山や森からセシウムが移動して来ないのか。そしてまた、内部被曝をどう考えたらよいのか。外部被曝の数倍はあり得る、と言う専門家がいるいっぽうで、たいしたことはない、と言う専門家もいる。ほんとうのことは判らないのではないか。後々になって、あれは間違っていました、と謝られても、取り返せることではない。とくに、これから長い人生を生きるであろう子どもたちは大丈夫なのか、どうか。

 まことにもっともな疑念である。専門家や行政の信頼がこれほどまでに失われてしまったら、回復はむずかしい。徹底的な情報公開は未だされていないからでもある。南相馬市の場合、水が出なかったり、産業廃棄物の仮置き場が整備されていなかったり、放射能の影響を受けた結果のいろんな生活基盤が復旧していない。

 除染といい、がれき処分といい、正解が無い問題にわたしたちは直面している。科学から言うと、放射能の半減期の10倍〜20倍の時間を待つしかない。セシウム-137なら、300〜600年という時間になる。待てる時間ではない。こんなことにならないようにと発してきた反原発、脱原発の主張は残念ながら、多数に受け入れられて来なかった。わたしたちの力不足でもあった。そのツケがいま来ているんだと言っても、現実には、何とかしないといけない状況にある。

 故郷に戻りたいと強く望む人たちには、放射能の心配よりももっと大切な、墳墓の地こそ、という思いがあるのだ。年配の人に多いだろう。この人たちには、放射能対策としてわたしたちが出来うる最大のことをしなければならない。精神的に、社会的に、経済的に福島の人たちは選択を迫られている。それは、この地震列島に50基もの原発を抱えてしまった日本列島に住むすべての人の明日の現実であろう。

 つい先日、フランスのサイエンスジャーナルの記者から、南相馬市に戻れるのかと質問をうけて、こんなふうに応えたのだが、これでよかったのか、自信はない。

(山口幸夫)




原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレット(一年あたり数冊)を発行のつどお届けしています。

●ご案内・申込用紙PDF

●会員制度と支援方法について

●お申し込みはこちらから

印刷用ページ このニュースを友達に送る





原子力市民年鑑2011-12




まるで原発などないかのように


ほんとにだいじょうぶ?身近な放射線


破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言


エネルギーと環境の話をしよう


申し込み・資料請求メールフォームへ
会員の方には、『原子力資料情報室通信』などをお送りいたします。会員制度についてはこちらをご参照ください。


政府や原子力産業から独立した立場を維持するため、活動資金は主に会費とカンパでまかなっています。ご協力をお願いします。
【カンパ送り先】
郵便振替00140-3-63145
原子力資料情報室


放射能ミニ知識web版






NEW OPEN★



Powered by XOOPS 2.0 © The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET