ホーム   最新ニュース   参加・支援する(会員制度)   問合せ・会員申込など   なぜ「脱原発」か  
英語版(ENGLISH)








原子力に関する基本的な用語の意味は?
原子力キーワードガイド
原子力キーワードガイド
1.核分裂のしくみ/2.原子力発電所の種類/3.原子力発電所の主な機器/4.核燃料サイクル/5.放射性廃棄物/6.事故/7.放射能、放射線・被曝/8.行政組織と法律/9.建設手続き/10.電気事業・電気料金


“CNIC EXPRESS” 原子力の現状を伝えるニュースや新刊の書籍、イベント案内など独自の情報が詰まっています。
★ご注意★
メールマガジンをご登録されますと配信サービスを取り扱う『(株)まぐまぐ』からのメールマガジンも自動登録されます。 申し訳ございませんが規約により当室のメルマガのみに登録することは現在可能ではありません。

当室ホームページに掲載した記事、『原子力資料情報室通信』からの記事をピックアップしてメールマガジンを発行しております。
まぐまぐ



 : 
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2011/12/21 10:45:41 (3161 ヒット)

【映像アーカイブ】http://vimeo.com/34061578

被ばく労働に関する関係省庁交渉のお知らせUstream中継画面

年内最後の被ばく労働に関する関係省庁交渉を開催致します。

これまでの交渉を通じて、福島第一発電所の事故に伴う事故収束に必要な被ばく労働者の試算の実態、厚生労働省が緊急作業従事者の被ばく線量見直す動きをみせるなどの状況の変化がありました。

一方、見直された法律の適用が一部の作業者に限られたり、作業員の皆さまにとって大変重要な補償等の問題では3・11以降の事象を何ら考慮しない姿勢を貫いています。

一般の参加者の方も自由にご意見頂けますので、どうぞご参加ください。


日時:2011年12月21日(水)14時〜16時

※13時30分から会館ロビーで通行章を配布致します。

場所:参議院議員会館 B104
   http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm


参加団体:原子力資料情報室、
     ヒバク反対キャンペーン
     原水爆禁止日本国民会議
     特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC)
     福島原発事故緊急会議被爆労働問題プロジェクト
     全国労働安全衛生センター連絡会議

参加省庁:厚生労働省、経済産業省、文部科学省

公開の有無:どなたでもご参加頂けます。
撮影の可否:どなたでも撮影・録音等の記録が可能です。

CNIC Ustreamチャンネルにて中継予定です。
Ustream中継画面

●事前に提出した要請書↓(当日は要請書の回答を受け、意見交換をします)
 www.evernote.com/pub/sawadyi/hibakuroudoou



■10/7, 8/23に行った政府交渉の映像
 http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1205

■福島第一原発:3月から9月末の総被曝線量は198.5人シーベルト
 http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1250
 ※『原子力資料情報室通信』第450号(2011/12/1)より交渉のポイント等

印刷用ページ このニュースを友達に送る





原子力市民年鑑2011-12




まるで原発などないかのように


ほんとにだいじょうぶ?身近な放射線


破綻したプルトニウム利用 政策転換への提言


エネルギーと環境の話をしよう


申し込み・資料請求メールフォームへ
会員の方には、『原子力資料情報室通信』などをお送りいたします。会員制度についてはこちらをご参照ください。


政府や原子力産業から独立した立場を維持するため、活動資金は主に会費とカンパでまかなっています。ご協力をお願いします。
【カンパ送り先】
郵便振替00140-3-63145
原子力資料情報室


放射能ミニ知識web版






NEW OPEN★



Powered by XOOPS 2.0 © The XOOPS Project
Theme Designed by OCEAN-NET