スタッフ紹介

原子力資料情報室(CNIC)で働くスタッフを紹介します。

山口幸夫(やまぐち ゆきお)/共同代表

スタッフ紹介

「核エネルギーをめぐる科学・技術問題、住民・市民の抵抗と原子力政策の転換、それらの背景にある教育の問題に強い関心を持っています。――ひとつたしかなこと。それは、『科学は、どこまで行っても、あいまいさから逃れられない』ということ」
――
1965年、東京大学数物系大学院修了、物性物理学専攻、工学博士。
1998年よりCNIC共同代表。
共著書に、『21世紀のエコロジー社会』(七つ森書館)、『まるで原発などないかのように』(現代書館)、『原発を終わらせる』(岩波書店)など。


西尾漠(にしお ばく)/共同代表

スタッフ紹介

「原発問題にかかわったきっかけは、広告制作会社に勤務していた1973年、電力危機を訴える広告に疑問をもったこと。前代表の高木仁三郎さんとは原子力資料情報室の設立当時から親交があり、1978年頃から原子力資料情報室に参加。現在は共同代表をつとめています」
――
1998年よりCNIC共同代表。主な著書に『新版原発を考える50話』(岩波ジュニア新書)、『原発は地球にやさしいか』(緑風出版)、『エネルギーと環境の話をしよう』(七つ森書館)など。


伴英幸(ばん ひでゆき)/共同代表、事務局長

スタッフ紹介

「原発問題に関心を持ったのは、1979年のスリーマイル島原発事故から。地域の市民運動に参加し、勤務先の生活協同組合でも組合員の方々と相談して原発問題に取り組みました。1981年、勉強会の講師に招いたことで高木仁三郎さんと出会い、1986年のチェルノブイリ原発事故をきっかけに原子力資料情報室で働くことに。原子力工学や物理学などを専攻していない分、原発にかかわるさまざまな問題に関心を持つようにしています。また推進する人たちの主張を知りつつ、原発に反対している現場からも離れないように心掛けています。趣味は川釣り。事務所ではおやじギャグを連発してスタッフを寒がらせています。暑い夏を乗り切るにはいいかも」
――
CNIC事務局長。
生活協同組合専従、脱原発法制定運動を経て1990年よりCNICスタッフ、
1998年より共同代表。
著書に『原子力政策大綱批判―策定会議の現場から』(七つ森書館)。


澤井正子(さわい まさこ)

スタッフ紹介

「労働組合勤務のかたわら、チェルノブイリ原発事故をきっかけに始まった『反原発出前のお店』活動に参加。原子力資料情報室のスタッフになってからは再処理・廃棄物問題を担当しています。家では時々パートタイマー的に主婦業も」
――
東京生まれ、中央大学経済学部卒業。
1992年よりCNICスタッフ。再処理・廃棄物問題担当。
共著に『原子力・核問題ハンドブック』(七つ森書館)など。


上澤千尋(かみさわ ちひろ)

「原発事故問題担当のスタッフとして、原発・核燃料施設の工学的安全性についての調査・分析、事故時の災害評価に取り組んできました。最近のテーマは、活断層・地震、原発の老朽化。好きなものは数学、自転車、日本酒を少々」
――
1966年、富山県生まれ。1992年4月よりCNICスタッフ。原発事故問題担当。
共著に『MOX総合評価』(七つ森書館)、『原発を終わらせる』(岩波新書)など。


桑原郁子(くわばら いくこ)

「全国各地の原発現地を訪問するスタディーツアー(2006~2010年)、原子力資料情報室の認定NPO申請(2009~2010年)などに取り組んできました。より信頼性の高い組織づくりを目指し、総務の立場から励んでゆきたいと思っています」
――
1977年、新潟県生まれ。2004年1月よりCNICスタッフ。
総務、会計、『原子力資料情報室通信』発送を担当。


谷村暢子(たにむら のぶこ)

「福島原発事故が発生したとき、福島県郡山市に住んでいました。震災時の不安な気持ちを忘れずに、専門的な情報も皆さんに分かりやすく、正確にお伝えできるように心がけています。CNICの5S*隊長。最後のSが一番むつかしい」
*5S:整理、整頓、清掃、清潔、躾
――
2011年7月よりCNICスタッフ。
放射能測定プロジェクトのタニムラボ、および『Nuke Info Tokyo』編集担当。


吉岡香織(よしおか かおり)

「原子力は誰かがどこかでやっている遠い問題ではなく、とても身近で大切な問題です。たしかな情報がみなさんの手に届き、それを身近なことと感じてもらうためには、ただ発信するだけではなく、理解してもらいやすいように伝える努力や工夫をすることがとても大切ではないかと思っています。よろしくお願いいたします」
――
2012年5月1日よりCNICスタッフ。総務担当。


松久保肇(まつくぼ はじめ)

「前職では主にIT企画を担当していました。アクセスしやすい情報配信に努めたいと考えています。」
――
1979年、兵庫県生まれ。2003年国際基督教大学卒、2016年法政大学大学院公共政策研究科修士課程修了。金融機関勤務をへて2012年7月よりCNICスタッフ。国際問題を担当。


片岡遼平(かたおか りょうへい)

「原発問題に関わるきっかけは、両親が取り組んできた反戦・反核・反差別の運動に接してきたことです。大震災を機に2011年3月から現在まで、岩手・宮城・福島を中心に支援活動を行い、仮設住宅の縁台製作、スタディーツアーなど様々な活動を行ってきました。また、フリーライター・カメラマンとして現地の取材を行い、執筆活動や講演活動を通じて被災地の現状を伝えてきました。学生時代から2011年まで染色体と遺伝子の研究をしていた経験を活かして、放射線被曝や生物への影響に関して、現場第一主義で情報を発信していきたいと考えています」


 ――


1982年、埼玉県生まれ。東京農業大学、神戸大学修士課程、総合研究大学院大学博士課程中退。2015年10月よりCNICスタッフ。


Caitlin Stronell (ケイト ストロネル)

「高校時代から核軍縮の活動に関わってきましたが、3.11で原発の危険性に目覚めた一人です。当時はインドで政治学の分野で研究をおこなっていましたが、3.11を経て、インドの反原発運動に焦点をあてることにしました。


フクシマ は全世界にさまざまな形で影響を及ぼしました。ヒロシマとナガサキと同じようにその教訓を理性的に、世界的に共有していく必要を強く感じています。」


 ――


オーストラリア出身、2015年11月よりCNICスタッフ