ICRP新勧告(案)パブコメに関する情報

 国際放射線防護委員会(ICRP)は、福島原発事故後の放射線防護のあり方について見直しをおこない、「大規模原子力事故における人と環境の放射線防護」の新勧告案を公表しました。福島原発事故への対処を評価し、今後の事故に備えるものです。
 ところが、新勧告案では変更点とその理由が明示されておらず、福島原発事故に関する事実認識に多くの問題があるほか、日本語版の全文が存在しないなど、被災者に寄り添ったものになっていません。日本語では要約のみが ICRP ホームページに掲載されています。

 新勧告案は現在パブコメ募集中ですが、今回は例外的に日本語で提出することができます。

 ・募集締切  9 月 20 日(金)

 ・日本語意見締切 10月25日(金)(日本語意見の取り扱いは確認中です)

※現時点では、提出された日本語のコメントは、ICRPの日本人の委員が「要点を整理」した上で、英訳してICRPの会議資料にされることになっています。コメント全文を会議資料とすることを希望される場合、現時点では9/20までに英文で提出するか、10/25までに日本語で提出した際にその旨を記載されるとよいかと思います(書簡では、正式なコンサルテーション期間の延長も申し入れていますが、まだ回答はありません)。

 

【パブコメ応募はこちらから(ICRPパブコメ応募サイト)】↓

www.icrp.org/consultation.asp?id=D57C344D-A250-49AE-957A-AA7EFB6BA164

(日本語でも書き込みが可能です)

 

【パブコメ応募の方法は、チラシをご覧ください】

チラシ「ICRPに意見を送ろう!

 

【ICRP改定ドラフト(英文)】
 ・ICRP「大規模原子力事故における人と環境の放射線防護」に関する勧告の改定ドラフト

 

【ICRP委員(甲斐倫明氏、本間俊充氏)による抄訳・仮訳(日本語)】
ICRP「大規模原子力事故における人と環境の放射線防護― ICRP Publication 109 と111 の改訂 ―」(目次、要点、総括的要約、結論、表 6.1.)

 

【市民団体8団体*1による本文・附属書の仮訳(日本語)】

本文(第1章から第5章、原文で8頁~54頁)の仮訳
附属書A. CHERNOBYL チェルノブイリ
附属書B. FUKUSHIMA 福島

*1 高木学校、国際環境NGO FoEジャパン、「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク、国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、市民科学研究室、放射線被ばくを学習する会、原子力市民委員会。
 ICRPによる意見募集を書く際に参考にしていただければと思い、上記8団体で草案の日本語訳を作成しました。

 

【パブコメ意見募集の方法】

・OurPlanet-TVより(www.ourplanet-tv.org/?q=node/2432)