日本の使用済み燃料の貯蔵・輸送状況と六ヶ所再処理工場の再処理契約量

『原子力資料情報室通信』第426号(2009/12/1)掲載『日本の使用済み燃料の貯蔵・輸送状況と六ヶ所再処理工場の再処理契約量』PDFをUPしました。

日本の使用済み燃料の貯蔵・輸送状況と六ヶ所再処理工場の再処理契約量
www.cnic.jp/files/426_p10-13.pdf

※表はp.10-11/p.12-13の見開きになっています。

原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo 原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレットを発行のつどお届けしています。