2019/06/12

6/12 「放射線のホント」撤回署名提出・福島原発事故関連課題の政府交渉

6/12 「放射線のホント」撤回署名提出・福島原発事故関連課題の政府交渉

政府は、年20ミリシーベルト基準による避難指示解除を進め、「風評払拭・リスクコミュニケーション強化戦略」に沿って省庁を挙げて、福島原発事故被ばくの健康影響はなく、福島は復興しつつあると世論を操作し、福島原発事故被害者を切り捨て、原発再稼働の地ならしをする政策を進めています。脱原発福島県民会議をはじめ9団体の政府交渉で「放射線のホント」撤回署名約3万筆を追加提出します。累計5万筆の署名を背景に、「放射線のホント」撤回、「福島原発事故被ばくは公衆の被ばく限度年1ミリシーベルトの法令違反」など福島事故関連の課題で政府を追及します。

【日にち】 6月12日(水)

【場 所】 参議院議員会館 B109会議室

12:15~  ロビーにて通行証配布

12:30~ 参加者打ち合わせ

13:00~ 復興庁・・・「放射線のホント」撤回署名の追加提出と交渉

14:00~ 原子力災害対策本部・・・年20mSvの帰還政策撤回を求めて

15:00~ 原子力規制庁、資源エネ庁・・・ALPS処理水海洋放出計画の撤回

原子力規制庁・・・モニタリングポスト撤去方針の撤回

16:00~16:30 交渉結果のまとめと参加者意見交流

【主 催】 脱原発福島県民会議、双葉地方原発反対同盟、原水爆禁止日本国民会議、原子力資料情報室、全国被爆2世団体連絡協議会、反原子力茨城共同行動、原発はごめんだ!ヒロシマ市民の会、チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西、ヒバク反対キャンペーン

【紹介議員】 福島みずほ参議院議員

 

・放射線のホント撤回署名ニュース第3号(12月20日政府交渉の報告)

・放射線のホント撤回署名ニュース第4号(6月12日政府交渉に向けて)

・復興庁への質問書

・原子力災害対策本部への質問書

・原子力規制庁、資源エネルギー庁への質問書