耐震指針検討会・改訂作業大詰め-石橋教授:「耐震指針改訂」に関する幻のコメント

耐震指針検討会・改訂作業大詰め-石橋教授:「耐震指針改訂」に関する幻のコメント

■原子力安全委員会、原子力安全基準・指針専門部会、耐震指針検討分科会の審議が大詰めを迎えている。同検討会は2001年7月10日から06年3月14日まで40回開催され、次回の会合(4月28日、13:00~ 東京都内で開催予定)で、耐震指針に関する「改訂耐震設計審査指針(案)」が決定される模様だ。

■原発の耐震性が不十分として、金沢地方裁判所が志賀原発2号機の運転差し止めた認めた判決に示されたように、現行の原発の耐震指針には多数の欠陥がある。1995年の阪神淡路大震災以降、一般建築物の耐震基準は見直されてきたが、原子力安全委員会や電力会社は、原発に関して「現行指針で問題ない」と一貫して主張してきた。

松浦原子力安全委員長(当時)も、2001年7月10日:耐震指針検討分科会第1回会合で下記のように述べていた。

松浦委員長:「現在のこの指針類でございますが、これは先生方ご高承のように、約20年前ぐらいに決定されたものでございます。そのうちいろいろと強い地震等あったわけでございますが、特に平成7年に起こりました神戸の大地震でございますが、この後、平成7年兵庫県南部地震を踏まえた原子力施設耐震安全検討会というのが設けられまして、そこでこの指針の妥当性についての検討がなされました。その検討の結果は妥当であるということが確認されたわけでございますけれども、その検討会での報告書の最後の部分に、原子力施設の耐震安全性に対する信頼性を一層向上させるための努力が引き続き必要であるというふうに提言されておりました。」

■安全委員会はこの「原子力施設耐震安全検討会報告」を盾に、「(現行)指針に問題ない」と繰り返してきた。「提言」についても、積極的に地震問題研究の成果を指針に反映することを行わなかった。しかし2000年鳥取県西部地震が島根原発から40~50キロの地点で発生するなど、原発の耐震性が不十分と指摘する市民・専門家の声を無視できなくなり2001年7月10日から耐震指針検討分科会が開催されてきた。上記の松浦原子力安全委員会委員長(当時)の発言は、その検討会冒頭の挨拶である。

■この時点でも安全委員会は、「(現行)「指針」で耐震性は確保できる」とし、念のため新たな知見の検討を行うだけという立場だった。検討会で議論が行われている間、2004年新潟県中越地震が柏崎原発から30キロ(震源域)で発生し、2005年8・16宮城県沖地震では女川原発の想定地震動を越える地震動の値が測定されるなど、原発と地震の安全性に関する危惧はより現実性を増している。この実態を裁判所が認めたのが志賀2号機判決であり、国(安全委員会等)の怠慢を厳しく指摘しているのである。

■検討会の「改訂指針案」が決定されれば、国民からの意見募集も実施される予定である。そのためにも様々な視点からの評価・コメントが報道されるべきだろう。そして私たちは、その内容を十分に吟味する必要がある。同検討会に委員として参加している石橋克彦教授(神戸大学)は、検討会の中で地震学者の立場から発言を行い、マスコミ等にコメントを発表している。しかしその発言の扱いについて、いくつかのマスコミと議論が行われている。以前に「静岡新聞」の記事に関してお知らせしたが、他の新聞社とのコメントに関連するやりとりについて下記のURLにその経過が掲載されているので紹介する。

■【石橋克彦の歴史地震研究のページ】「耐震指針改訂」に関する幻のコメント
historical.seismology.jp/ishibashi/opinion/shishin_news060417.html

■関連情報
【安全委員会:原子力安全・基準指針専門部会:耐震指針検討分科会】
www.nsc.go.jp/siryo/siryo_f.htm

******************************************
上記情報に関連した集会のお知らせです。

■志賀原発2号機運転差止判決-原発は地震に耐えられないー
================================
原発は地震に耐えられない
-志賀原発2号機運転差止判決-
================================
日時:2006年4月22日(土)午後1時30分~4時30分
場所:全水道会館 大会議室(JR水道橋駅 東口(御茶ノ水寄り) 徒歩2分、都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口 徒歩1分)
資料代:800円(事前の参加申し込みは不要です)
報告:岩淵正明さん(能登原発差止め訴訟弁護団 事務局長)

志賀2号機判決のもつ意義と、現行耐震指針の問題点等を、能登原発差止め訴訟弁護団の中心となって活躍されている岩淵弁護士から伺います。

■志賀原発2号機判決に関連するコメント等
【判決】
www.cnic.jp/348
【伊東良徳弁護士】
www.shomin-law.com/essayShigagenpatsusashitome.html
【若狭ネット】
www4.ocn.ne.jp/~wakasant/news/97/97-3.pdf

*******************************************