『原子力資料情報室通信』第458号(2012/8/1)もくじ

※会員の皆さまへの『通信』発送作業を7/31に行いました。

『原子力資料情報室通信』第458号(2012/8/1)もくじ

□さようなら原発10万人集会、大成功

□エネルギー選択肢の背景と意味
www.cnic.jp/1408

□第78回 原子力資料情報室 公開研究会 
脱原発のエネルギー政策へ
[山口幸夫]

□照射食品は食べられない
[里見宏]

□原子力規制委員会設置法は成立したが

□視点:大飯原発の再稼働をめぐって、世論と意見聴取会
[山口幸夫]

□アジアの原発事情 韓国
(2)韓国で広がる原発再稼働反対運動
―古里原発一号機閉鎖を求めて―
[高野聡]

□タニムラボレター No.002 
正確な測定値を得るために(つづき)
[谷村暢子]
www.cnic.jp/1409

□福島第一原発収束作業 
鉛の遮蔽で線量計をカバー 
被曝隠しの実態が明らかに
[渡辺美紀子]
www.cnic.jp/1410

□訃報:小木曽美和子さんを偲んで
[海渡雄一]

□訃報:阿部宗悦さんの急逝を悼む
[西尾漠]

□資料紹介/退任・就任のお知らせ/活動報告

 

 

原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo 原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレットを発行のつどお届けしています。