『原子力資料情報室通信』第457号(2012/7/1)もくじ

※会員の皆さまへの『通信』発送作業を6/29に行いました。
 正会員・賛助会員の方へは今号とともにブックレット『考えてみようよ 原発のこと(改訂版)』を同封いたしました。

『原子力資料情報室通信』第457号(2012/7/1)もくじ

□大飯原発の再稼働に反対する
[山口幸夫]
www.cnic.jp/1388

□新大綱策定会議奮闘記(9)
 原子力委員会は存続するか
[伴英幸]
www.cnic.jp/1395

□福島第一原発事故収束作業
 暴力団関連企業とその従業員の存在
[石丸小四郎]
www.cnic.jp/1394

□原子力防災指針見直しの問題点
[末田一秀]

□タニムラボレター No.001
 正確な測定値を得るために
[谷村暢子]
www.cnic.jp/1393

□原発労働裁判を提訴
[椛島敏雅]
www.cnic.jp/1392

□アジアの原発事情(1)インド
 クダンクラム闘争
[S.P.ウダヤクマール]

□資料紹介

 

 

原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo 原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレットを発行のつどお届けしています。