『原子力資料情報室通信』第456号(2012/6/1)もくじ

※会員のみなさまへの『通信』発送作業を5/30に行いました。

『原子力資料情報室通信』第456号(2012/6/1)もくじ

□国内すべての原発が止まった。
 再稼働を許さず脱原発の実現へ

□声明:わたしたちがエネルギーを選ぶ新しい時代へ
 http://www.cnic.jp/1361
 http://www.cnic.jp/english/topics/policy/cnicstatement5may2012.html

□原発訴訟の過去とこれから
[河合弘之]

□新大綱策定会議奮闘記(8)
 核燃料サイクルの選択肢、決まる
[伴英幸]
 http://www.cnic.jp/1378

□タニムラボレターNo.000
[谷村暢子]
 http://www.cnic.jp/1377

□視点:福島に戻る?戻れない?
[山口幸夫]
 http://www.cnic.jp/1376

□2012年度総会報告

□資料紹介・スタッフ紹介・活動報告

 

 

原子力資料情報室通信とNuke Info Tokyo 原子力資料情報室は、原子力に依存しない社会の実現をめざしてつくられた非営利の調査研究機関です。産業界とは独立した立場から、原子力に関する各種資料の収集や調査研究などを行なっています。
毎年の総会で議決に加わっていただく正会員の方々や、活動の支援をしてくださる賛助会員の方々の会費などに支えられて私たちは活動しています。
どちらの方にも、原子力資料情報室通信(月刊)とパンフレットを発行のつどお届けしています。