2011/09/18

9/18CNIC公開研究会『なぜ政府・東京電力は「地震」を事故原因から除外するのか?』

たくさんの方のご参加、有難うございました。

【VIDEO】
ustre.am/:1aNro


原子力資料情報室第74回 公開研究会

※ちらしのタイトルから変更になりました
※渡辺敦雄さん(原子力工学、安全工学、環境工学)からもコメントをいただけることになりました。

なぜ政府・東京電力は「地震」を事故原因から除外するのか?
―福島第一原発事故原因の深層と真相―2011年9月18日 原子力資料情報室第74回 公開研究会

日本政府が6月に提出した『原子力安全に関するIAEA閣僚会議に対する日本国政府の報告書/東京電力福島第一原発の事故についての』では、地震による被害として「外部電源」が記載されています。
しかしこの指摘には科学的根拠は何も示されていません。また冷却材喪失事故(メルトダウン)の原因解明も不十分な状態です。

多数の原発が稼働する地震国日本、3月11日のマグニチュード9の地震によって福島第一原発で一体何がおこったのか、徹底的な調査・分析が求められます。講師の田中三彦さんに、政府・東電の事故原因解明を批判的に検討していただきます。

日時:2011年9月18日(日)午後1時30分~4時

会場:日本青年館 501号室
   http://www.nippon-seinenkan.or.jp/access/
   JR中央線・総武線各駅停車 千駄ヶ谷駅・信濃町駅から徒歩9分
   東京メトロ銀座線 外苑前駅 3番出口から徒歩7分
   都営地下鉄大江戸線 国立競技場駅 A2出口から徒歩7分

講師:田中三彦さん(サイエンスライター/近著『原発を終わらせる』(岩波新書) )

コメント:渡辺敦雄さん(原子力工学、安全工学、環境工学)
      上澤千尋(原子力資料情報室)

資料代:1,000円

※予約は不要です。原子力資料情報室会員以外の方もご参加いただけます

※当日は下記チャンネルにてUstream中継を行う予定です。
 http://www.ustream.tv/channel/cnic-news原子力資料情報室Ustrem中継画面

― 渡辺敦雄さんプロフィール ―
博士(工学)(東京大学)、技術士(衛生工学)
1971年東京大学工学部卒、株式会社東芝入社、原子力事業部配属(福島第1原子力発電所3,5号機、女川原子力発電所1号機、浜岡原子力発電所1,2,3号機の基本設計担当)、環境技術部長を経て、2005年?沼津高専・物質工学科着任、現在特任教授。
趣味は囲碁(5段)、ひょっとこ踊り、パンつくり。

主催:特定非営利活動法人 原子力資料情報室
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8番5号 曙橋コーポ2階B
TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801 [Email] cnic[アットマーク]nifty.com

協賛:
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
連絡先:〒171-0014 東京都豊島区池袋3-30-8 みらい館大明1階 国際環境NGO FoE Japan

さようなら原発!1000万人アクション実行委員会
連絡先:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11 総評会館1階 原水爆禁止日本国民会議

この催しは「さようなら原発!1000万人アクション」の一環として開催されます。
さようなら原発1000万人アクション

□田中三彦:“想定外”のためなら何でもする 東電、「シミュレーション解析」騙しのテクニック
 『原子力資料情報室通信』第445号(2011/7/1)より
 http://www.cnic.jp/1159

□岩波新書『原発を終わらせる』
 http://www.cnic.jp/1161