2011/04/26

4/26 院内集会:チェルノブイリから25年 いま福島原発事故を考える

【VIDEO】
www.ustream.tv/recorded/14282593

チェルノブイリから25年 いま福島原発事故を考える

日時:2011年4月26日(火)12:00~13:00

場所:参議院議員会館 講堂
   http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

※参議院議員会館入り口で11:40頃より係りのものが待機します。通行証をお受取りになりお入りください。会場の定員に達した場合は入場をお断りさせていただきますので、予めご了承ください。
ご予約は承っておりません。

講師:パーベル・ヴドヴィチェンコさん
   (NGO『ラディミチ ― チェルノブイリの子どもたち』国際プログラムマネージャー)

   広河隆一さん
   (『DAYS JAPAN』編集長)

1986年4月26日。チェルノブイリ4号炉が炉心溶解し、爆発するという原発事故が起こり、その結果、広島に投下された原爆約500個分もの放射性物質が拡散しました。あれから25年。日本では福島で原発事故が発生し、今もって放射性物質が拡散し続けています。

事故から25年目となる4月26日。ロシアからNGO『ラディミチ ― チェルノブイリの子どもたち』国際プログラムマネージャーのパーベル・ヴドヴィチェンコさんを迎え、ご報告いただきます。NGO『ラディミチ ― チェルノブイリの子どもたち』は、本来であれば移住対象となる汚染地域であったノボツィプコフに住み続ける選択をした人々のために活動するNGOとして活動を開始しました。住民への甲状腺検診、障がい者へのサービス、放射線の危険性を知らせるセミナーなど開いています。
「チェルノブイリの25年」と「現在」について、お話いただきます。
радимичи.рф/
(旧サイト)http://old.radimichi.ru/

また、チェルノブイリに40回以上訪問し、取材すると共に、福島原発事故後、直ちに福島原発周辺地域に入り、取材を続けてきたDAYS JAPAN編集長の広河隆一さんからも、ご報告いただきます。この間、取材し続けてきたチェルノブイリの25年間、また現在起っている福島原発の事故の現状と問題について、ご報告いただきます。

チェルノブイリから25年。チェルノブイリからの報告を聞きながら、何が起き、何を変えていかなくてはならないのか。ともに考えていきたいと思います。

主催:原子力資料情報室、日本消費者連盟、原水爆禁止日本国民会議

問合せ:原子力資料情報室
    TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801
    cnic[アットマーク]nifty.com


チェルノブイリから25年キャンペーンスケジュール、詳細はこちら

★パーベル・ヴドヴィチェンコさんをお招きするために、チェルノブイリ・キャンペーン調整委員会では多くの方々のご賛同と費用負担のご協力をお願いしています。
www.cnic.jp/1073

パーベルさん その他の講演予定

東京講演

2011年4月24日(日)14:30集会、デモ出発15:30
くり返すな!原発震災 つくろう!脱原発社会4・24集会&デモ
www.cnic.jp/1074

2011年4月25日(月)18時30分
放射能汚染地に住んで25年チェルノブイリの今を語る
www.cnic.jp/1077

函館講演:2011年4月28日(木)18時30分
チェルノブィリ原発事故から25年
www.cnic.jp/1090

九州講演

福岡講演:2011年4月29日(金・祝日)14:00
放射能汚染地に住んで25年 ―チェルノブイリの今、そしてこれからの日本―
www.cnic.jp/1082

北九州講演:2011年5月1日(日)13:00
放射能汚染地に住んで25年 ―チェルノブイリの今、そしてこれからの日本―
www.cnic.jp/1082