2005/02/06

放射能野放しも再処理費用負担も核管理社会もごめんだ!!原子力2法案反対全国集会(2005/2/6)【終】

放射能野放しも再処理費用負担も核管理社会もごめんだ!!
原子力2法案反対全国集会

========================
【配布資料】PDF2.5MB
========================


========================
【案内ちらし】PDF0.5MB
========================

2月6日(日)14:00~16:30於 全水道会館大会議室
(JR・都営地下鉄「水道橋」駅そば)
www.zensuido.net/kaikan/kaikan.htm

参加費 500円
(賛同募集=下記)

報告者
末田一秀(核のごみキャンペーン関西)
西尾漠(原子力資料情報室)

主催=原子力2法案反対全国集会実行委員会
呼びかけ=
放射性廃棄物スソ切り問題連絡会
www2.gol.com/users/amsmith/susokiri.html
コストから原発を考えるプロジェクト
fukurou.txt-nifty.com/cost/

連絡先=
原子力資料情報室 03-5330-9520
www.cnic.jp
グリーン・アクション 075-701-7223
www.greenaction-japan.org
グリーンピース・ジャパン 03-5338-9809
www.greenpeace.or.jp

☆実行委員会参加賛同費1口1000円(団体は2口以上お願い致します)
振込口座00910-4-110510スソ切り問題連絡会 ※「2・6集会賛同金」と明記を

☆翌7日、国会議員への要請行動+議員会館内での意見交換会(2月7日午前10時衆議院第一議員会館第四会議室集合)

 1月下旬から始まる通常国会に原子力発電に関する2つの法案が提出される予定です。 
 1つは、原子力発電の後始末(再処理や放射性廃棄物の処分)費用を電気料金に上乗せして徴収するための新しい法律案で、私たち消費者の負担を増やします
 もう1つは、低レベル放射能の規制を外し、原発廃材を産業廃棄物として処分したりリサイクルしたりできるようにする「スソ切り処分(クリアランス制度)」を導入する「原子炉等規制法改正案」です。この「改正案」には、核物質をテロリストから守るという名目で、情報を秘密化し従業員らの監視を強化することなども盛り込まれ、人権侵害、核管理社会に道を開きます。
 両法案とも、六ヶ所再処理工場の危険な本格操業への条件整備の意味ももちます。
 これら2法案に対する反対の世論を大きくし、成立をくいとめましょう。