• 原発のない世界をつくろう。たしかな情報と、市民のちからで。原子力資料情報室
  • CNICトピックス
  • CNICとは

注目コンテンツ - CNICスタッフが選ぶ、脱原発の「いま」の話題。

【原子力資料情報室声明】日米原子力協力協定自動延長、核燃サイクルは放棄すべきだ

7月16日、1988年に締結された日米原子力協力協定は30年の協定期間を満了し、本日から自動延長期間に入った。この間、日本は核燃料サイクル政策を進め、現在46.9トンものプルトニウムを保有するに至った。もはや核燃料サイクル政策の破綻は誰の目にも明らかだ。速やかに政策転換するべきだ。

→声明はこちらから

8/2 【院内集会】再処理政策の経済性を問う

→詳細はこちらから


【原子力資料情報室声明】第5次エネルギー基本計画閣議決定、経済産業省は現実を直視すべきだ

7月3日、第5次エネルギー基本計画が閣議決定された。パブリックコメントが終了してわずか2週間足らずでのことだ。世界のエネルギー情勢の変革も、圧倒的多数が望む脱原発をもまったく反映することない、極めて問題の多い計画である。このような案を策定した経済産業省並びに閣議決定を行った政府に強く抗議する。

→声明はこちらから


【新刊】 原発はどのように壊れるか ―金属の基本から考える

原発が老朽化すると、金属材料にどんなことがおこるの?
中性子照射脆化って一体どういうこと?
金属の専門家が、“きほん”から“原発での実例”まで解説します!

→詳細はこちらから

【別冊TWO SCENE】 2018年夏号「古い原発はなぜ危険か」

→ダウンロード/ご注文はこちらから