• 原発のない世界をつくろう。たしかな情報と、市民のちからで。原子力資料情報室
  • CNICトピックス
  • CNICとは

注目コンテンツ - CNICスタッフが選ぶ、脱原発の「いま」の話題。

原子力資料情報室声明

地層処分ありきでは問題は解決しない

2017年7月28日、高レベル放射性廃棄物最終処分地の選定に向けた「科学的特性マップ」が最終処分関係閣僚会議で決定され、経済産業省から公表されたことを受けて、NPO法人原子力資料情報室と、当室を含む6団体は、声明を発表しました。

→全文はこちらから


川村会長のトリチウム水海洋放出発言の撤回と トリチウム水の安全な保管を求める要請書

7月18日、いわき市で脱原発福島ネットワークの第35回東電交渉が行われ、「川村会長のトリチウム水海洋放出発言の撤回とトリチウム水の安全な保管を求める要請書」が提出されました。

→詳細はこちらから


「東電刑事裁判」第1回公判(東京地裁)

2017年6月30日、東電旧経営陣3被告の刑事裁判が始まりました。


原子力資料情報室声明

JAEA大洗事故―原子力利用が潜在的に持つ普遍的な問題

2017年6月13日、NPO法人原子力資料情報室は日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター燃料研究棟で発生した事故について、声明を発表いたしました。

→全文はこちらから

 

プルトニウム被曝事故 ―原子力機構大洗研究開発センター燃料研究棟でプルトニウム飛散―

事故の経過や原因、作業員の被曝状況などについては不明なことばかりだが、現時点で明らかになっている事柄と問題について報告する。

→詳細はこちらから

 


「原子力市民年鑑2016-17」「原子力キーワードガイド」が刊行されました。

ご注文方法など、詳細はこちらをごらんください。

「原子力市民年鑑2016-17」 http://www.cnic.jp/7415

「原子力キーワードガイド」 http://www.cnic.jp/7497